2017-10-20

kubrick


最近何をしていたかというと、

Stanley Kubrickの映画作品をほぼ全部みていました。
代表作のうち数点は今まで見たことがあったのですが、
ドイツ旅行中恩師のA先生がキューブリックの話を何度もされるので、ナントに帰ったらじっくり全作品を見ようと思っていました。
で、帰宅後ふと長らく足を踏み入れていなかった図書館に行って「キューブリックの映画を見たいのですが」と質問したらならば、図書館のお兄さんは「ちょっと待っててください」といって約10作品ほどのDVDを出してきてくれたのです。

有名な作品ばかりなので、私がなんで2017年になってやっとキューブリックの全作品を見るなんて遅れた事しているんだ、と思われている方が多数かと思いますが…。


3点ほど見つからなかったのですが、それ以外は見ました。
で、個人的なランキングをつくりました。


1.Eyes Wide Shut

2.
The Shining
2001:A Space Odyssey
Dr. Strangelove
A Clockwork Orange
Full Metal Jacket
Spartacus
Barry Lyndon

3. Fear and Desire

4.
Lolita
The Killing

5.
Paths of Glory
Killer's Kiss

時間をかけて個人的ランキングを作っておいてなんなんですが、実際の所ほとんど差がありません!笑 すべて素晴らしいので、ぜひ時間に余裕がある人は全部みてほしい。本当に。

一監督の作品を短期間で見漁るって、初めてしたけどいいなぁと思います。あと図書館って本当に使える。。今までなんでもっと利用しなかったんだ。


こんなに面白くて素晴らしいものを知らなかったなんて、なんて恥ずかしいんだという気持ちはもちろんあるのですが、なんて素晴らしいんだ!そしてもっと面白いものが見たい!という感動と探究心の方が強いです。

2017-10-18

最近

最近気温があがって、日中暑すぎてググーっと一杯…
暑くて喉が渇いているときに飲むビールって、なんでこんな美味しいんだろう。しかもすぐに酔っぱらってしまうね。

ここ1週間、友人のゾゾを泊めておりました。
彼女のプロジェクトも無事終わって、よかった。友達からもらったお花をうちに置いていってくれましたよ。


我が家。
多肉植物ベイベー!

2017-10-14

在外選挙

在外選挙「郵便」投票、これで人生二回目。

在外選挙郵便投票をする人ひとりに対して、これだけのお金がかかっていることがまず衝撃的だと思います。高すぎ(*o*)


そもそも在外選挙人名簿登録の申請に数ヶ月を要するし、それをゲットしたとしても、地方に住むなどの理由で大使館で直接投票できない人は郵便投票をするのだが、それが本当に時間がかかる。
在外選挙人証をわざわざ自分の登録地の市区町村選挙管理委員会に郵送→その後投票用紙が送られて来て→それに記入して→送り返す。
もちろん、投票日に間に合わなかったらアウト。
投票用紙を受け取ったら本当翌日の朝には即行で送らないと本当危うい。


郵便事情が日本のように正確に機能する国がどれだけ少ないか。
それを知らないからこんな手続きが今も続けられているのではなかろうか?



私はフランスで選挙権はないけれど、
この国の代理投票のシステムは本当に便利。
信頼のできる人に自分の投票権を事前に渡しておき「⚪︎⚪︎に投票して」とお願いする。託された人は託した人の選挙区に行き、選挙権を提示して投票する。だけ(なはず。もし間違いがあったら指摘していただけると有難いです)。
フランスの投票システムについて丁寧に説明されているページを見つけました。

あと日本では候補者の名前をわざわざ書かなければいけないので間違いが増えるのも本当もったいない。もっと正確でお金をかけない投票システムの構築ができそうなものだけど。


 
コルテオ 太陽光発電